マジレスするとザックスのアレは平行世界とか原作改変とかそんな感じのものではなく原作補完だぞ
全ての鍵を握っているのは新キャラのローチェ
実はローチェは新キャラであって新キャラではない、既に原作に登場しているキャラだ
ニブルヘイムの魔晄炉調査に派遣されたソルジャーのセフィロスとザックス
その任務に同行した神羅兵Aのクラウドと名もなき神羅兵B
この名もなき神羅兵Bの正体こそがローチェだ
クラウドがセフィロスコピー・インコンプリート(不完全)ならば、ローチェはセフィロスコピー・アンサクセスフル(不成功)
ソルジャーになりたかったクラウドとは違い、ソルジャーになりたくなかったローチェはセフィロスコピーとしてうまく適合できず不完全以下の不成功実験体という評価を下されたんだ
完全な失敗作として早々に棄てられた彼は、おかげで魔晄中毒の症状も軽く徐々に自我を取り戻し、逃亡するザックスとクラウドの手助けをしようと二人の後を追うことになる
しかしそこに待っていたのは、ミッドガルにほど近い丘の上で亡骸となったザックスと辛うじてだが自我を取り戻しつつあるクラウドの姿
その光景を目の当たりにして再び自我を失いかけた彼は、朦朧とする意識の中でザックスの名を呼ぶクラウドの声を聞き、その声に呼応した彼の中のジェノバ細胞は、彼をザックスの姿へと擬態させてしまう
ザックスに擬態した状態でクラウドを支えながらミッドガルへと向かうローチェ
ザックスに擬態したローチェに支えられながらミッドガルへと向かうクラウド
その後、自身を囮にクラウドを逃がして神羅に捕縛された彼は、宝条に興味を持たれ実験サンプルとして記憶が曖昧な状態のままソルジャーに配属されることになった
これがFF7Rエンディングの真相

おすすめの記事